ずくなしの気ままに 花・山

zukunas7.exblog.jp
ブログトップ

タグ:E-1 ( 63 ) タグの人気記事


2012年 10月 10日

チェーンリングの交換

少し前になりますが、チェーンリングのアウターを交換しました。
元々は48T-38T-28Tですが、50T-38T-28Tになりました。
f0076683_1956725.jpg

f0076683_1957825.jpgディレイラーはシマノTiagra4503 キャパシティは大小20T・大中11Tと言うことで、共にオーバーしてしまいますが、多少の余裕はあると言うネット書き込みを信じて、50Tのリングを発注しました。
結果としては、全く問題ありませんでした。

交換の動機は、ちょっとした下りでもクランクが空転してしまうこと、脚力がついたのか48Tでは物足りなくなったことなどですが、2Tの違いでは気持ち改善したかな?と言う程度でしょうか・・・・・はっきりと違いが出るには4Tぐらい変えないとと思います。しかし、キャパシティの大オーバーは問題が有りそうです。これ以上はドライブトレインの大幅変更が必要になるかも知れません。

最近、自分にはどんなギアプロフィールが合っているか考えることが有ります。
最初のころ、家の直前の約500mの1/10勾配の登り、自分の自転車で最も軽いF28T-R25Tでも登りきれませんでした。
今は、調子が良ければF38T-R23Tで登れます。平地でフロントの28Tを使うことは無くなりました。
前2枚ならば52T-36T、リアは12T-28Tかな。
しかし、これでは峠や山登りはきつそう。荷物を積めばなおさら、やはり前3枚は欲しいです。
と言うことで今考える理想は、
前52T-39T-28T、後12T~28T。、ロード用ディレイラーではキャパシティオーバーですが、何とかなるかなぁ・・・・・
[PR]

by zukunasi_7 | 2012-10-10 20:03 | 自転車
2012年 07月 10日

オカトラノオ

サクラソウ科 オカトラノオ属の多年草
f0076683_1784942.jpg
ヘェ~これがサクラソウ科?と思ったら、別の分類体系ではヤブコウジ科になっているようです。
とは言ってもヤブコウジと言うのも全くピンと着ませんが・・・・・共にサクラソウ目の植物です。
DNAを調べられない時代の植物学者は、どうやって分類したのでしょうね。
何らかの共通点を見出して振り分けていくのでしょうが・・・・・素人目には全く共通点の無い植物に見えます。
[PR]

by zukunasi_7 | 2012-07-10 17:19 | 草花
2012年 06月 28日

ジャコウアゲハ

鱗翅目 アゲハチョウ科 春型 ♂
f0076683_22175263.jpg

ちょっとピントが甘い上ブレ気味の写真ですが、アゲハチョウつながりでUPします。
クロアゲハと良く似てますが、胴体横の赤い紋でジャコウアゲハと判ります。
交尾を巡って激しく戦ってきたのでしょうか、羽がだいぶくたびれています。
何日か庭に通ってきていたのですが、写真を撮った日以降、見かけなくなりました。
[PR]

by zukunasi_7 | 2012-06-28 22:27 | 昆虫
2012年 06月 27日

ミヤマカラスアゲハ

鱗翅目 アゲハチョウ科 春型
f0076683_17263678.jpg
庭のサツキに遊びに来てくれました。夏のものよりだいぶ小型ですが、とても美しい蝶です。
吸蜜中もひっきりなしに羽ばたき動き回り、じっとしてくれませんでした。
何とか撮れた一枚です。
[PR]

by zukunasi_7 | 2012-06-27 17:32 | 昆虫
2012年 06月 25日

キバナノヤマオダマキ

キンポウゲ科 オダマキ属 の多年草
f0076683_19501462.jpg

上の写真は距まで黄色ですが、下のように距や萼片が褐色掛った物も良く見ます。
f0076683_2064620.jpg

ヤマオダマキAquilegia buergeriana Siebold et Zucc. var. buergerianaと
キバナノヤマオダマキAquilegia buergeriana Siebold et Zucc. f. flavescens Makinoは区別されていますけれど、
どの辺りが境目なのか微妙ですね。
[PR]

by zukunasi_7 | 2012-06-25 20:13 | 草花
2012年 05月 31日

ニホンリス

齧歯目 リス科 リス属
f0076683_13391379.jpg
以前から、庭続きの森の木々の上で走っているのをたまに見かけていたのですが、初めて写真に撮れました。
待っていても現れるわけでは無いので、たまたまカメラを持っている時に現れてラッキーでした。

このリスは行動範囲が10ヘクタールに及ぶそうですが、樹冠を渡って地面に降りずに移動できる環境でないと生きていけないとのこと、確かに次から次へと木を移動して行き、あっという間に消えてしまいました。

鳥も沢山いますので、エサ台など設けてみようかとも思ったのですがダメですね。たぶんすぐに猿が来て、みんな食べてしまうでしょう。猿に居つかれては困りますので出来ません。
[PR]

by zukunasi_7 | 2012-05-31 13:59 | 動物
2012年 05月 30日

チゴユリ

ユリ科チゴユリ属 多年草
f0076683_18581548.jpg

草丈が低いうえ下を向いていることが多くて、写真を撮るのがなかなか難しい花ですね。

毎年毎年、同じような草花の同じような写真を撮っています。
最近は花を探して遠くへ行くこともなく、近所で身近な花を撮っているので当たり前なのですが、その季節が巡って来てまた同じ花を見ると、何故かとても嬉しくなります。
[PR]

by zukunasi_7 | 2012-05-30 19:05 | 草花
2012年 05月 29日

ヒメシャガ

ユリ目アヤメ科アヤメ属の多年草
f0076683_18581213.jpg
同属のシャガは中国原産で遠い昔に帰化した植物とのことですが、こちらは固有種で、北海道から九州まで分布しているようです。常緑のシャガに比べ姿が優しく、植栽のアイリスと野アヤメの違いに通ずるものが有ります。色もこちらの方が好みです。
[PR]

by zukunasi_7 | 2012-05-29 19:08 | 草花
2011年 07月 20日

エゾゼミ

セミ科 エゾゼミ属
f0076683_17235093.jpg
これが、E-1故障直前の写真です。

さてエゾゼミ、コエゾゼミとの違いが判らず、四苦八苦しました。
検索して得たエゾゼミとコエゾゼミをさんざん見比べても、さっぱりです。
違いを記述した文章を見つけ、
背中の黄色い帯が途切れないのが、エゾゼミ。
背中の黄色い帯が途切れるのが、コエゾゼミ。
とのことですが、それだけでは意味が解らず・・・・・・

さらにそれぞれの写真をよくよく見比べているうちに、見えました。
W模様のある節の上の節に、目の下から発し、横から下縁を巻くように黄緑色の縁取りが有ります。
その帯が、黒い線で途切れているのがコエゾゼミ、途切れないのがエゾゼミでした。
間違い探しのようなもので、判ってしまえば明明白白ですが、判らないうちはそれがさっぱり見えてきません。

さて、エゾゼミとアカエゾゼミの違いは・・・・
これは羽の紋の違いのようですが、これも判る方には明瞭なのでしょうが、今の僕には良く判りません。
たぶんエゾゼミと思いますが、確信は持てないでいます。
[PR]

by zukunasi_7 | 2011-07-20 17:44 | 昆虫
2011年 07月 14日

ハクサンフウロ

フウロソウ科 フウロソウ属の多年草
f0076683_17512216.jpg
朝露に濡れた開きかけのこの花は、本当に可憐です。
[PR]

by zukunasi_7 | 2011-07-14 17:54 | 草花