ずくなしの気ままに 花・山

zukunas7.exblog.jp
ブログトップ

タグ:E-420 ( 2 ) タグの人気記事


2012年 07月 24日

エゾゼミの羽化

セミ科 エゾゼミ属 エゾゼミ
我が家の周りではごく普通のセミです。
陽が上がる前から沈んで暗くなるまで、一日中ジ~~~と泣き続けているうるさいセミです。
標高500m~1000mほどの森の中に棲むセミで、市街地で見ることは稀なようです。
以前、八ヶ岳の赤岳の山頂に沢山飛んできているのを見たことが有ります。
家の周囲で抜け殻は良く見るのですが、羽化の様子を最初から観察できたのは初めてです。
f0076683_13374311.jpg
地面にまん丸い穴を残して這い出し、近くのミツバツツジの木を登っているのを見つけました。
枝の先端まで行くと葉の裏に落ち着きました。カメラをセットして今か今かと待ちましたが、背が割れて羽化が始まるまで小一時間掛りました。
始まってしまうと割合とスムーズで、一時間半ほどで完全に抜け出しました。そこから翅が伸びきるまで約30分。ほぼ成虫の形ですがまだ翅も体も白いまま、それからほとんど動くことなく、写真の状態になるまでさらに2時間かかりました。
残念ながらここでタイムアップ、所用があって出かけなければなりませんでした。
完全な成体になるには、あとどのくらい時間がかかるのでしょうね。
[PR]

by zukunasi_7 | 2012-07-24 14:11 | 昆虫
2012年 06月 11日

オオミズアオ

鱗翅目 ヤママユガ科
さほど珍しい蛾ではないですが、その羽化となると、この種に限らずなかなか見る機会は有りません。
午前中庭に出ると、アヤメの幼株の葉にこれがぶら下がっていました。
周りを探しても蛹の抜け殻は見当たりませんでしたが、羽が伸びきっておらず羽化の途中のようです。
どこからか這ってきたのでしょうか?
写真を撮った後出かけてしまいましたが、夕方戻ってきたときも、隣の葉に移動してまだ止まっていました。
どうも正常な羽化ではないように思いますが、正常な羽化の経過を知りませんので何とも言えません。
翌朝には姿が見えませんでしたので、無事飛び立ったのだと思います。
f0076683_20591864.jpg

正直なところ、蛾は好きでは有りません。蝶には触れますが、蛾には触れません。分類上も実際にもその差はあいまいなようです。最近の分類では鱗翅目ではなくチョウ目と言うそうです。まあ何の根拠も持たない偏見であることは百も承知ですが、チョウの中に蛾を含めるのは断固として拒否いたします。
[PR]

by zukunasi_7 | 2012-06-11 21:11 | 昆虫