ずくなしの気ままに 花・山

zukunas7.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2009年 01月 03日

初日の出・初詣・初登山

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

ここ数年、自分にとっては恒例の行事になっている鉢伏山元日登山に行ってきた。

目的は初日の出・初詣・初登山、三つ一度に済ませてしまおうと言う魂胆である。
真っ暗な山道を一人で登るのは心細いものだが、今年は嬉しいことに数人の同行者が集まった。

鉢伏山は、松本平の東を画する山脈の一部で、北側は扉峠を挟んで美ヶ原と対峙し、東は二ツ山・三峰山を尾根伝いに霧が峰へと繋がる。南は高度を下げつつ高ボッチの高原を経て塩尻峠に至る。
その地勢により、北側の眺望は美ヶ原にさえぎられるが、北東に位置する浅間山から、東の八ヶ岳・富士、そして南・中央・北の日本アルプスなど、広大な眺望を楽しむことができる。

年も明けて間もない午前3時すこしまえ、牛伏寺の駐車場脇の登山口から登り始める。取り付きは落ち葉の積もったキツイ登り路が10分ほど続き、それもやがて穏やかな登りとなる。樹間からは時折、松本の夜景がキラキラと広がっているのが見える。
2時間ほどで、高ボッチから登ってくる車道に合流する。例年なら、この時期になると積雪で車の轍を見ることはほとんど無いが、今年は雪が少なく最近も車が走った様子が見て取れる。一部は乾いた舗装道路が露出していた。
このままでは早く着きすぎる為、寒くならない程度にゆっくりと歩くが、それでも頂上に着いたのは予定より30分ほども早く、日の出まで小一時間も待つことになってしまった。
風も無く穏やかではあるが、標高2000m近い山頂の冬の夜明けは猛烈に寒い。寒さに震えながらも、刻々と色を変える東の空を見ていると飽きることが無い。
残念ながら、西の北アルプスは雪雲の中に隠れてしまっていたが、八ヶ岳から富士山・南アの山々は見えている。
諏訪湖を囲む街の明かりが少しずつ薄れてゆき、やがて日が昇った。
f0076683_22515989.jpg

(個人的には日の出そのものよりも、その前の空の色の変化が好き)

余韻を楽しみつつ山を下り、往路とは少し路を変えて、牛伏寺の鐘撞堂の裏手に降りる。鐘を突き初詣を済ませ、家路についた。
[PR]

by zukunasi_7 | 2009-01-03 22:53 | 時事