ずくなしの気ままに 花・山

zukunas7.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2007年 05月 31日

かえで

仕事に倦んで気が付くと、先ほどまで降っていた雨が上がったようだ。
外に出てみると新緑に水滴が付いて瑞々しい。
カメラを持ち出して撮ってみる。
f0076683_18564676.jpg

f0076683_1857657.jpg

f0076683_18572272.jpg

先日までは、仕事に追われてカメラを持つ気にならなかったが、少し先が見えて、気持ちに余裕が出てきたのだろう。
夢中になると時間を忘れる、ほどほどに切り上げた。
[PR]

by zukunasi_7 | 2007-05-31 18:58 | 草花
2007年 05月 27日

べにばないちやくそう

紅花一薬草(ベニバナイチヤクソウ)イチヤクソウ科イチヤクソウ属

こぼれ日の射す林下に群生する。ちょっと光沢のある葉が、絨毯のように林床を覆っている様は美しい。
そのところどころに花茎を伸ばし、ピンクの小さな花をつける。
f0076683_1730486.jpg

名の通り、薬草として用いられ、抗菌作用があり切り傷や虫刺されに効くらしい。一番効く薬草と言うことで、一薬草だそうだ。
[PR]

by zukunasi_7 | 2007-05-27 17:31 | 草花
2007年 05月 26日

あやめ

菖蒲 (アヤメ) アヤメ科 アヤメ属 別名 文目

野に咲くアヤメ
最近は園芸種のアヤメがいくつもあるが、品格・佇まいともにやはりこのアヤメが一番と思う。大好きな花の一つ。
f0076683_17212361.jpg

ショウブ(菖蒲)と書いて、アヤメと読ませるが、ショウブとは全く違う種、何故だろう。
f0076683_1721388.jpg

このところちょっと忙しく、花を見に行けない。
更新も滞ってしまっているが、もうしばらくこの状態が続きそうで憂鬱。
山へ行きたいなぁ・・・・・・
[PR]

by zukunasi_7 | 2007-05-26 17:34 | 草花
2007年 05月 12日

新緑

今日は、近くの山で花探しの予定だったが・・・・・・
仕事がらみで、急遽、別荘地の下見に行くことに。

GW前半で通った道、その時はまだ茶色の世界だったが、10日ほどの間に、新緑の輝く道に変身していた。
お仕事ながら、ちょっと気分の良いドライブ、新緑を満喫してきた。
f0076683_20574316.jpg

f0076683_2058993.jpg

[PR]

by zukunasi_7 | 2007-05-12 21:10 | 時事
2007年 05月 01日

げんじすみれ

源氏菫(ゲンジスミレ) スミレ科 スミレ属

このスミレ、葉の裏が濃い赤紫色をしている。
そのことから、源氏物語を著した紫式部にちなみ、源氏菫と命名されたらしい。
葉裏が紫になる菫は何種もあるので、少々こじつけに近いように思うが、良い名をもらったものだ。
花は薄いピンクだが、側弁の付け根あたりがほのかに緑がかるので、葉裏が紫になる菫のなかでも見分けやすい。
f0076683_17152135.jpg


写真のこと(今日の写真とは関係なく)
このところ、自分が撮りたい写真について、いろいろ考えている。
何故先日のノジスミレのような写真より、タチツボ菫の一番下のような写真を撮りたいのか。

一つは、
ノジスミレのような写真を撮っているとき。
僕のなかでは、背景のシバザクラも、手前の芝生も、その時はただ色のグラデーションを出すための小道具であり、生きた植物であると言う認識は無くなってしまう。
あの写真ほどではなくても、前ボケ・後ボケに花を配置する時、それは花ではなく、ただ画面のバランスや色合いを整えるための絵の具でしかなくなってしまうことがある。
それが嵩じてくると、主体の花もただの図柄として扱っている場合すらないわけではない。

当初は、花を出来るだけ美しく際立たせようとやっていたことだったが、いつの間にかまるでイラストのデザインをする様に、綺麗な絵を作ることが目的になり、生きた花であることを忘れてしまうことが少なくない。
自分の心持の問題かも知れないが、自分が撮りたいものとはちょっと違うと思うようになってきた。

二つ目は
花だけを取り出し、際立たせて前後を暈すような写真は、極論すればどこででも撮れる。最近は自然植物園なども沢山出来て、珍しい花も見られるようだ。花を撮ることは都会の植物園でも不自由なく出来る。
そうなると、背景を暈して消してしまうような写真を、わざわざ山の中に分け入って撮る必要は全くない、と言っても良い。

何故花を撮り出したのか、原点に戻ってみると、
山や庭で出会う花、それに出会えた嬉しさに、一枚記念に撮っておこう。
と言うことだった。
その喜びや感動を記録して置きたかったからで、美しいイラストを作ることではなかったはずだ。

これからも、ノジスミレのような写真も撮ると思う。
ただ、花をただの図柄として扱うようなことはしたくない。
少なくとも、今はそう思っている。
[PR]

by zukunasi_7 | 2007-05-01 18:06 | 草花