ずくなしの気ままに 花・山

zukunas7.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:樹木( 26 )


2011年 12月 25日

ソヨゴ

モチノキ科 モチノキ属の常緑高木
f0076683_2154570.jpg

新雪の中、赤い実が印象的でした。
[PR]

by zukunasi_7 | 2011-12-25 21:08 | 樹木
2011年 09月 09日

オオヒョウタンボク

スイカズラ科 スイカズラ属の落葉低木
f0076683_18511848.jpg
いつの間にか、山も赤い実が目立つようになりました。
実が二つつながってヒョウタンのように見えます。
美味しそうですが・・・・・猛毒を持ち、ヨメコロシ・ドクツブと呼ばれることも有るようです。
気を付けましょう。
[PR]

by zukunasi_7 | 2011-09-09 18:55 | 樹木
2011年 07月 15日

ハリブキ

ウコギ科 ハリブキ属の落葉低木
f0076683_15144691.jpg
なかなかに個性的で、少々不気味な雰囲気の植物です。

枝は細く長い棘にハリネズミのようにおおわれており、葉の葉脈上にも棘が並んでいます。
写真右上に判りにくいですが花穂が写っています。ただ、花の前なのか後なのかよく判りません。
秋には赤い実がなるようなので、またその頃見に行って来ます。
[PR]

by zukunasi_7 | 2011-07-15 15:29 | 樹木
2011年 07月 12日

ヤマアジサイ

アジサイ科 アジサイ属の落葉低木
f0076683_1885100.jpg
f0076683_1883572.jpgもう梅雨が明けてしまいました。少々出遅れ気味ですが、今ちょうど咲いています。
この花(と言うか木と言うべきか)も、分類と種名にいろいろいきさつが有る花です。

まず以前はユキノシタ科アジサイ属と言っていたように思いますが、最近はアジサイ科となっていることが多いようです。

そしていろいろ調べるうちに、ヤマアジサイ・エゾアジサイ・ガクアジサイ・アマチャは、素人でとって付けた知識しかない僕には、種名を特定するのはほぼ不可能ではないかと思うようになりました。大きく生息域で、ガクアジサイはヤマアジサイの海浜型、エゾアジサイはヤマアジサイの多雪地型、とは言えそうです。
アマチャはヤマアジサイが甘味成分を獲得した変種とのことですので、外見上はほとんど違いが無いようです。

では、長野県中部に咲くこの花は何か?
ガクアジサイではなさそうですが、ヤマアジサイかエゾアジサイかは・・・・・さっぱり判りません。
取りあえず地域的なものを尊重して、ヤマアジサイとしておこうと思います。

アジサイの分類について詳しく知りたい方は、下のサイトをご覧ください。
http://www.geocities.co.jp/AnimalPark-Shiro/5314/yamaazisai/azisai-ka/azisai-DNA.html
この辺りを追及して行けば、立派な真正オタクになれそうですが・・・・・
[PR]

by zukunasi_7 | 2011-07-12 18:30 | 樹木
2011年 07月 10日

マメ科 ハギ属の落葉低木
f0076683_1745436.jpg
f0076683_17454437.jpg秋の七草として知られ、秋の花と思われがちですが、種類によっては梅雨の最中から咲いています。

今頃咲きそうなハギとしては
ミヤギノハギ・ケハギ・ヤマハギ・チョウセンハギ等々。
問題は、そのうちのどれかと言うことですが・・・・・・・・・

ヤマハギは、葉がマルバハギに似て丸いとのことで、除外できそうです。

ケハギは、図鑑により葉が丸いと言う記述が有る一方、ケハギとされる写真で結構尖っているものも有ります。また、花が大きいとのことですが・・・・・僕の撮ったものの花が他に比べ大きいか否か、確信を持ってどうこう言えるほど、ハギの花を見ているわけでは有りません。

ミヤギノハギはケハギの園芸種と言う記述が有る一方、ケハギの母種と言う記述も有ります。ミヤギノハギの写真を見る限り、葉先は尖っているようです。

そしてチョウセンハギ、葉先は尖っているようですし、写真を見る限り似ているように思いますが、日本の山野に自然に生えているものなのかどうか・・・・・

科名・属名明白ですが・・・・・種名はどれがどれだか、当分判りそうに有りません。
[PR]

by zukunasi_7 | 2011-07-10 18:00 | 樹木
2011年 06月 28日

オオカメノキ

スイカズラ科 ガマズミ属の落葉広葉小高木
f0076683_14534071.jpg
春から初夏にかけて、山の中で雪が解けた後、一番最初に咲き始める花です。
特徴的な葉と花と個性的な名前、一度出会っただけで覚えられる数少ない花の一つでもあります。
[PR]

by zukunasi_7 | 2011-06-28 14:57 | 樹木
2011年 06月 27日

ムラサキヤシオ

ツツジ科 ツツジ属の落葉低木
f0076683_18123038.jpg
山の中で見るツツジ類はどれも美しいですが、このムラサキヤシオは印象がとても鮮烈です。
[PR]

by zukunasi_7 | 2011-06-27 18:18 | 樹木
2011年 06月 23日

ナワシロイチゴ

バラ科 キイチゴ属の落葉低木
f0076683_1457503.jpg
f0076683_14583152.jpgこれを樹木と言われても、俄かには納得し難いですね。もっとも分類上は樹木と草本はあまり意味が無いようです。
名の由来は苗代を作るころに咲くということらしいですが、今の時期我が家の辺りには、苗代はとっくに有りません。

ここしばらく、花の名にこだわっていますが、何故か?
見知らぬ、あるいは見慣れた花であっても、その名を知ることは、その花を知る第一歩だと思うからです。名を知れば、過去から蓄積されたその花に対する沢山の知見を手に入れられます。
名を知らずとも、その花の美しさを楽しむことはできますが、知ればよりその花を深く愛でることができるような気がします。
[PR]

by zukunasi_7 | 2011-06-23 14:55 | 樹木
2011年 06月 22日

花名不詳

キク科 の何か・・・
f0076683_21364168.jpg
f0076683_21374020.jpg昨日、科名が判れば花の名はすぐに判る、とほざきましたが、判らないことも有りますね・・・・・

この花、キク科であることは間違いないと思います。
草丈は22㎝程度、今咲いています。花は非常に小さく棘は有りません。根元は写っていませんが、根生葉は有りません。咲き終わるとタンポポと同じような果実を付け、盛夏には枯れてしまいます。

さてその姿から、アザミ類かトウヒレンの仲間かと思えます。しかし、それらはほとんど花期が合いません。花期が合いそうでも、一見して違うと思えるものばかりです。それではキツネアザミはどうでしょうか、花期はばっちりです・・・・・が、草丈が違いすぎます。

さぁ~~て・・・・何だろう。
矮化したキツネアザミか?あるいは別の物か?
昨年からの宿題です。判る方おられませんか?
[PR]

by zukunasi_7 | 2011-06-22 21:53 | 樹木
2011年 06月 18日

コシアブラ

ウコギ科 ウコギ属の落葉広葉高木
f0076683_1542941.jpg
f0076683_156074.jpg昨日に引き続き山菜ねたです。

落葉高木ということで、実際にこんな木です。ただ、こんな大木になってしまうと、手が届かず、もう新芽を摘むわけには行きません。

大きな木のあるところの近辺には、実生の苗木や若木が沢山有りますので、そうした木から摘みます。上の写真位かもう少し葉が開いたころが食べごろでしょう。

食べ方は、やはり天ぷらかな?揚げたてを噛むと、ほのかな苦みが口に広がります。
タラノメと双璧をなす山菜の王様、どちらも甲乙がつけがたいです。

f0076683_15134118.jpg

[PR]

by zukunasi_7 | 2011-06-18 15:13 | 樹木