ずくなしの気ままに 花・山

zukunas7.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:昆虫( 19 )


2012年 07月 24日

エゾゼミの羽化

セミ科 エゾゼミ属 エゾゼミ
我が家の周りではごく普通のセミです。
陽が上がる前から沈んで暗くなるまで、一日中ジ~~~と泣き続けているうるさいセミです。
標高500m~1000mほどの森の中に棲むセミで、市街地で見ることは稀なようです。
以前、八ヶ岳の赤岳の山頂に沢山飛んできているのを見たことが有ります。
家の周囲で抜け殻は良く見るのですが、羽化の様子を最初から観察できたのは初めてです。
f0076683_13374311.jpg
地面にまん丸い穴を残して這い出し、近くのミツバツツジの木を登っているのを見つけました。
枝の先端まで行くと葉の裏に落ち着きました。カメラをセットして今か今かと待ちましたが、背が割れて羽化が始まるまで小一時間掛りました。
始まってしまうと割合とスムーズで、一時間半ほどで完全に抜け出しました。そこから翅が伸びきるまで約30分。ほぼ成虫の形ですがまだ翅も体も白いまま、それからほとんど動くことなく、写真の状態になるまでさらに2時間かかりました。
残念ながらここでタイムアップ、所用があって出かけなければなりませんでした。
完全な成体になるには、あとどのくらい時間がかかるのでしょうね。
[PR]

by zukunasi_7 | 2012-07-24 14:11 | 昆虫
2012年 06月 28日

ジャコウアゲハ

鱗翅目 アゲハチョウ科 春型 ♂
f0076683_22175263.jpg

ちょっとピントが甘い上ブレ気味の写真ですが、アゲハチョウつながりでUPします。
クロアゲハと良く似てますが、胴体横の赤い紋でジャコウアゲハと判ります。
交尾を巡って激しく戦ってきたのでしょうか、羽がだいぶくたびれています。
何日か庭に通ってきていたのですが、写真を撮った日以降、見かけなくなりました。
[PR]

by zukunasi_7 | 2012-06-28 22:27 | 昆虫
2012年 06月 27日

ミヤマカラスアゲハ

鱗翅目 アゲハチョウ科 春型
f0076683_17263678.jpg
庭のサツキに遊びに来てくれました。夏のものよりだいぶ小型ですが、とても美しい蝶です。
吸蜜中もひっきりなしに羽ばたき動き回り、じっとしてくれませんでした。
何とか撮れた一枚です。
[PR]

by zukunasi_7 | 2012-06-27 17:32 | 昆虫
2012年 06月 11日

オオミズアオ

鱗翅目 ヤママユガ科
さほど珍しい蛾ではないですが、その羽化となると、この種に限らずなかなか見る機会は有りません。
午前中庭に出ると、アヤメの幼株の葉にこれがぶら下がっていました。
周りを探しても蛹の抜け殻は見当たりませんでしたが、羽が伸びきっておらず羽化の途中のようです。
どこからか這ってきたのでしょうか?
写真を撮った後出かけてしまいましたが、夕方戻ってきたときも、隣の葉に移動してまだ止まっていました。
どうも正常な羽化ではないように思いますが、正常な羽化の経過を知りませんので何とも言えません。
翌朝には姿が見えませんでしたので、無事飛び立ったのだと思います。
f0076683_20591864.jpg

正直なところ、蛾は好きでは有りません。蝶には触れますが、蛾には触れません。分類上も実際にもその差はあいまいなようです。最近の分類では鱗翅目ではなくチョウ目と言うそうです。まあ何の根拠も持たない偏見であることは百も承知ですが、チョウの中に蛾を含めるのは断固として拒否いたします。
[PR]

by zukunasi_7 | 2012-06-11 21:11 | 昆虫
2011年 08月 25日

2899mのセミ

なんでこんなところに・・・・・・
木も無く、荒涼とした山の頂に。
f0076683_16494114.jpg

エゾゼミと思いますが、
雲の上の岩場に、何匹も飛んできていました。
しかし、セミの鳴き声は一切聞こえません。
いったい何をしに来ているのでしょう。

遠くに見えるのは、北岳です。
[PR]

by zukunasi_7 | 2011-08-25 16:54 | 昆虫
2011年 07月 29日

メスグロヒョウモン?・・・ではなく

RANAさんのご指摘で、ミドリヒョウモンの雄とのことです。
f0076683_16254991.jpg
f0076683_16262490.jpg一目でヒョウモンチョウと分かっても、その先がなかなか難しいですね。
ウラギンでないのは確かで・・・・ウラギンスジと似ているようにも見えますが・・・・
たぶん、メスグロヒョウモンの雄と言うことで、それに一点張りでいってみましょう。

と賭けてみたものの、外したようです。

ミドリヒョウモンは候補から最初に外してしまいました。
手持ちの図鑑の羽裏の写真は、もっと緑が濃くて、見たものとの印象が違いました。
改めて、花も虫も、種の同定は難しい。
[PR]

by zukunasi_7 | 2011-07-29 16:33 | 昆虫
2011年 07月 20日

エゾゼミ

セミ科 エゾゼミ属
f0076683_17235093.jpg
これが、E-1故障直前の写真です。

さてエゾゼミ、コエゾゼミとの違いが判らず、四苦八苦しました。
検索して得たエゾゼミとコエゾゼミをさんざん見比べても、さっぱりです。
違いを記述した文章を見つけ、
背中の黄色い帯が途切れないのが、エゾゼミ。
背中の黄色い帯が途切れるのが、コエゾゼミ。
とのことですが、それだけでは意味が解らず・・・・・・

さらにそれぞれの写真をよくよく見比べているうちに、見えました。
W模様のある節の上の節に、目の下から発し、横から下縁を巻くように黄緑色の縁取りが有ります。
その帯が、黒い線で途切れているのがコエゾゼミ、途切れないのがエゾゼミでした。
間違い探しのようなもので、判ってしまえば明明白白ですが、判らないうちはそれがさっぱり見えてきません。

さて、エゾゼミとアカエゾゼミの違いは・・・・
これは羽の紋の違いのようですが、これも判る方には明瞭なのでしょうが、今の僕には良く判りません。
たぶんエゾゼミと思いますが、確信は持てないでいます。
[PR]

by zukunasi_7 | 2011-07-20 17:44 | 昆虫
2011年 07月 01日

いわゆる ケムシ ですが・・・・ヒメシロモンドクガ

なかなか綺麗なケムシです。
f0076683_17493585.jpg
何時れ、たぶん蛾になるのでしょう・・・・・・
触る気にはなりませんが、形も色も、個性的で美しいと感じます。
何と言う虫でしょうか?
ちなみに止まっている葉は、ウダイカンバの葉です。

さて、僕は蝶は好きですが、蛾は大嫌いです。
分類上はさしたる差は無く、蛾と蝶の線引きはとても微妙なようです。
蝶は、羽を閉じて止まり、昼に飛び、触覚が棍棒状であり、幼虫がアオムシ(毛が無い)ことが特徴といわれますが・・・・・
羽を開いて止まる蝶や、昼に飛ぶ蛾がいることは僕も知っています。幼虫に毛のない蛾も知っています。
棍棒状の触覚については知りませんが、そういう蛾がきっといることでしょう。

なのに、どんなに美しい蛾でも、触る気にはなりません。
そして、全く美しいと思わない蝶でも、触ることができます。
何の根拠もなく、ただ一般的に蝶と言われるか、蛾と言われるかだけで、極端な好き嫌いの差・・・・・
偏見以外の何物でもないと、判っていますがやはり、蛾と蝶との間には深くて暗い溝が存在しています。

追記
RANAさんのおかげで、名が判りました。
チョウ目 ドクガ科 ヒメシロモンドクガの幼虫でした。
調べてみると、ドクガ科の蛾の幼虫はそれぞれ色は違いますが、形は良く似ているようですね。
今後、似たような形tのケムシを見たら、毒を持つ可能性が高いので、触らないようにします。
[PR]

by zukunasi_7 | 2011-07-01 18:20 | 昆虫
2011年 05月 30日

ハンミョウ

コウチュウ目 オサムシ亜目 ハンミョウ科
とても綺麗な虫です。タマムシと良い勝負、負けていませんね。
美しさに似ず、肉食で腐肉から生きた昆虫まで、なんでも食べるらしいです。
f0076683_14431937.jpg

素人にとっては、どうでも良いことと思いつつ、実際そうなんですが・・・・
このところ、植物・動物にかかわらず、分類のことが少し気になっています。

「コウチュウ目」「甲虫目」???
昔々、自分が持っていた図鑑では確か「鞘翅目」と言っていたと思いますが・・・・
最近は、コウチュウ目と言うのですね。しかもカタカナ表記で。
もっとも、別にしっかり勉強したわけでは有りませんので、自分が知らないだけで、昔からそうだったのかしら?
[PR]

by zukunasi_7 | 2011-05-30 15:06 | 昆虫
2011年 05月 27日

ホソミオツネントンボ

トンボ目 イトトンボ亜科 アオイトトンボ科
f0076683_1531140.jpg

撮ったのは2週間ほど前ですが・・・・・名前が判りませんでした。
イトトンボには、このような綺麗な水色をした仲間が多く、素人にはどれがどれだか・・・
しかし、一つ一つ写真を探し特徴を突き合わせて、ようやく見つけましたよ!!

ホソミオツネントンボ・・・・・オツネンとは、成虫で冬を越すトンボだそうです。
そして5月は、彼の一生の最終盤にあたり、子孫を作って一生を終えるのだそうです。
へぇ~~~

名前を知ることは大切ですね。彼を知るための第一歩を踏みました。
[PR]

by zukunasi_7 | 2011-05-27 15:45 | 昆虫